FC2ブログ
RSS  all article  
慢性骨髄性白血病の治療や、治療後の生活について徒然と書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は血液内科の外来でした。
採血が嘘のように空いてた…!
いつも100人待ちとかやのに、4人待ちというミラクル。
まあ診察の待ち時間がえげつないのはデフォルトですけど\(^o^)/



特に数値も変わりなしです。
あ、ヘモグロビンがやっと正常範囲に安定してきました。
それでも急な階段とかは息切れしますが。
腎臓は多分もう慢性的に悪いんじゃないかなと思います…
(クレアチニンが常に1.2くらい)



あと鼻水が何故かじゅるじゅる止まらないので
風邪薬を一応もらい、ついでにアレルギー検査もしてもらいました。
花粉症とか今まで逃げ切ってきたのについにデビューとか嫌すぎるww
あとエビアレルギーも納得いかないので、
それも検査することに(笑)
エビ食べたいよエビ…
世の中エビで溢れすぎだよ。
カップヌードルすら食えないよ。



そんなわけで今日は採血2回。
どうしても手を変えざるを得ないので
普段使わない左腕を出すことに…
刺しにくいと大好評の左腕はやはり痛く、
未だに青たんが消えません><


-----------------------------------


色々困らせてしまったH野先生の外来も、ついに次で最後。
はい、最後なんでね、餞別にマルクしてくれるんですって\(^o^)/
しかもモルディブ旅行の翌日www
夢から現実へ突き落とされるんですねわかります。
うなれ、H野先生のゴッドハンド…!
てかこの病院はマルク上手い先生が多いのでオススメです(笑)



でももう移植後1年マルクなんですね~早いなあ。
これが終わればあとは半年だか1年に1回のマルクでいいらしいです。
採血くらいはもう何とも思わないけど
マルクの瞬間だけは
『ああ私まだ患者なんだな』
って悲しくなる。ほろり。
もうあんな半ケツ半泣きの検査やだ(←乙女としては)



転院先の病院及び主治医の先生も決定気味。
築地のがんセンターのT先生で
日本の臍帯血移植の責任者とか。
H野先生にしてもT先生にしても、
えらいお偉いさん方に診て頂けて有難い…
その分待ち時間も有難く頂戴しますが\(^o^)/
がんセンターとか有名処だしすごく待ちそう…



しかしT先生の外来木曜しかないそうで
授業のシラバス見たら木曜は見事に
1~4限までありそうな予感なんですけど。
そして築地は場所が悪い!
学校からも家からもアクセス悪し。
駒込病院に戻りたいよ~…
学校から10分で行けるのに(´・ω・`)
2~3ヶ月に1回の外来にしてほしいなあ…



あと婦人科に関しては学校から近いところを転院先にお願いしています。
待ち時間長いの嫌だから、開業医がいいんですが
移植後のケアが必ずしも出来るわけではないので
先生に探して頂くことにしました。
学校超忙しいだろうから、通うのが楽なところに極力行きたいな。



移植に携わって下さった先生方とお別れするのは本当に寂しい。
しかもまた新しい先生と関係作っていかなきゃいけないし…
でもとりあえず…
T先生がマルク上手かったらそれでいいですwww



-----------------------------------




帰りにいとこの出産祝いを見に行きました。
昔からベビー用品萌えが激しいので
買うとなったら2時間くらい居座ってしまった(笑)
だってあのホワイティな色合い、
パステルカラーの海、最高ではありませんか。
定番のものは恐らく色んな人からもらうだろうから、
これから先使えそうなものをいくつかチョイス
(授乳のときおっぱい隠すカバーとか)



惜しむらくは、自分のためにこれらを買うことは
恐らくないということですね…
こんなに子ども欲しくてこんなに子ども用品好きでも
授かれないって、ほんとに世の中理不尽だと思う。



でもこの前mixiのコミュで、
移植後に自然妊娠したという方に出会いました。
(その方は白血病ではないが、臍帯血移植)
しかも移植後1年半でってすごいですよね…
それは流石に奇跡だと思うんですが
でも望みは0じゃないんだって勇気づけられました。



これから先色んな子の出産を祝うラッシュが続くと思うとつらいけど
祝うべきときはちゃんと心から祝えるような
素直な心を忘れないでいたいな…
卑屈になりすぎてるしな~
でもしょーがないよね、と自己擁護www
一番苦しいのは、受け入れられない自分の心の弱さだな、きっと。



さてさて、明日からまた東京へ行ってきます。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2011/03/04 23:06】 | 臍帯血移植
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。