RSS  all article  
慢性骨髄性白血病の治療や、治療後の生活について徒然と書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分更新滞っておりましてすみません…;
1か月前の内容です\(^o^)/



この日は東京に来てから初めての婦人科外来でした。
大阪の先生に紹介された、飯田橋の婦人科です。
うん、なんていうか、
新橋の某うんこクリニックに比べれば
何でもよく見えるという罠wwwwww



院長先生一人で診察していましたが
そんなに待たされることもなくてよかったです。
本日は初診なので、血液検査と内診、
ついでに子宮頸がんの検査でした。
しっかし内診の痛いこと痛いこと!!
前に大阪で受けたときと同じくらい痛い…



先生によれば、ホルモン補充療法やってれば
おのずとこの痛みも良くなるはずらしいのですが…
全然よくならねえ…



やっぱり今回も言われました。
性生活で問題出ますよねって…
まだまだ日本ではタブーな話題ですが
人間にとってとても大切なことなんですよね。
今は相手がいないから実感がないだけで。
いつか来るべき相手wと自分のためにも
この問題はとにかく解決したいと思います。



-------------------------------



今までプレマリンとデュファストンの飲み薬でやっていましたが
長期服用による臓器への影響とか
むくみなんかを考慮して
今日から貼り薬に変更になりました。
エストラーナというものです。
とりあえず1週間、
皮膚がかぶれたりしないかみてみることに。



薬みたいに毎日飲まなきゃいけないわけじゃないし
こちらの方が負担なくて楽ですね~
でも飲み薬と同じ効果が出るとはにわかに信じがたいのですがww



にしても、婦人科に来るのは一番苦しい…
事実を伝えることは勿論Drの役目なんですが
それを毎回受け止めなければならない。
内容はさほど変化ないので、
もういい加減耐性ついてもいいようなもんですが
一生背負っていく問題をね、
たかだか1年や2年で受容しろってのは
すごく難しいんだと感じました。



ある女性性を失うことって
これほどまでにアイデンティティを揺るがすんですね。
お陰で恋愛もこわくなってきた。
この喪失を埋めるほどの魅力とか
長所とかが、自分にはまだ分からないから
もう少しこの喪失感とお付き合いする必要がありそうです。
それもそれで、大切な時間だと思うのです。



-----------------------------



↓ランキング参加しています。
時々ポチっとして下さると嬉しいです。
白血病でも移植患者でも、
こんなに元気に過ごしているよ!と伝えることを通して
お一人でも希望をもって治療に臨んで下されば幸いです。


にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ







スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2011/04/22 01:04】 | 白血病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。