RSS  all article  
慢性骨髄性白血病の治療や、治療後の生活について徒然と書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわー><更新滞りすぎてすみません…
今(5月27日)課題で忙殺されており
全く書く暇がなくてもどかしいです。
でもすこーしずつでも更新していきたいので
生ぬるく見守って頂ければ幸いです。





院の授業は少人数制なので、
ディスカッションの時間がとても多いです。
そして分野的に、自分の病気の経験が
発言の元ネタになることもしばしばです。



最初は何も気にしないでぽんぽん発言してたんですが
なんかねえ、「ドヤァ~」って感じで経験を話すのは
まだ関係性の薄い同級生にとっては
どう感じられるのかなって考え出すと、
100%良いものとは言えないのかもって思い始めました。



確かに他の同年代がなかなかしないであろう経験をした。
でも、経験をひけらかしては何の価値もなくなるんだなって。
経験を生かすことは大切です。
けどそういう経験があるからって、
決してえらいわけじゃないんですよね。
そこ重要。




自分にとってある意味大切な2年間だったわけで
もっとその時間を大切に扱わないといけないなあと。
どんなことでも、口に出した瞬間に
それは持ち主の心を離れて
全然違うものになってしまう。
退官された先生がおっしゃっていたこと。
考えるとおそろしいことです。




でも自分の経験を安売りせず、
消化しきれてそれが他の人の利益になるのであれば
伝える事は間違ってないと思います。
自己開示したい、自分のことをわかってほしい、
これは果てしなくエゴイスティックなこと。
わかってもらいたいのなら、
「共通言語」を自分がまずしっかり提示できるようにならないと。




多分自分の中で噛み砕けてないうちに
誰かに半端に伝えようとするから苦しいんだろうな。
「アウトプットが上手だよね」
って言ってもらえるのは本当に有難いけど
同時に、自分を抑える能力も必要だと思いました。




ことばってむずかしいなあ…





-----------------------------



↓ランキング参加しています。
時々ポチっとして下さると嬉しいです。
白血病でも移植患者でも、
こんなに元気に過ごしているよ!と伝えることを通して
お一人でも希望をもって治療に臨んで下されば幸いです。


にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ




スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2011/04/23 01:19】 | 白血病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。