RSS  all article  
慢性骨髄性白血病の治療や、治療後の生活について徒然と書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって課題まみれな大学院生活ですが、
今は特に多い時期です…
というか精神分析の課題なんですが(笑)
おもしろいんですけどね…><



でもこんな時ですが、何故か昨夜は『おくりびと』を
久しぶりに観ました。
確か公開当初、まだミニシアターのときに観たのが最初で
そのときもすごくこの作品から考えさせられたのだけど
人と一緒にこれを観るとまた違った目線で見えました。
あのときには隣にいなかった(というか知りもしなかった)人が
自分の隣でこの映画を観ているのはなんだか変な感じでしたが(笑)




この映画を初めて観てから数年、
病気もあり、色々な形の生と死に触れて、
そのことたちをずっと頭にぐるぐるさせていました。
そして、これから夫婦になる(かもしれない、いや、なってほしい)ことも
恐らく関係してて、
夫婦となること、夫婦として生きること、
夫婦が死に分かれること、
今から考えてもどうしようもないことばかりですが
大事なことなので考えていました。




私の方が若くて、しかも女性だから長生きするかもしれない。
けれど、神様がまた私に病気を与えるかもしれない。
どちらも考えたくもないことだけど、
絶対に来ることだから、
そのことについて考えられた昨日の2時間は
課題1つこなす以上の価値のある時間だったと思います。




相手が何を考えているかは敢えて聞かなかったけど(笑)、
アニメ以外はほとんど観ない彼が気にいってくれたようで
私も嬉しくなりました。




いいものは何年経っても何回触れてもいいものです。
噛めば噛むほど味が出ます。
改めて夫婦になったら、
何年か先にまた鑑賞したい作品です。




【追記】

とかなんとか書いてたら、たまたまニュースで
こんなのを見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=Bsnm-SxrfGA

事故で亡くした彼女の葬儀で結婚式をしたという
タイの男性の動画です。



珍しいことなので色々意見があると思いますが…
素直に、素敵な話だと感じます。



スポンサーサイト

【2012/01/21 23:23】 | 雑談:生と死
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。